格安スマホ ワイモバイル

ワイモバイルの魅力は通信品質と話し放題

ワイモバイルは旧イー・モバイル時代から携帯電話サービスを提供しています。

 

ソフトバンクに買収されたことで、今までのイー・モバイルにプラスしてソフトバンクのエリアでも利用可能になりました。

 

MVNOではなくMNOなので、通信品質の高さは折り紙付きです。他社格安SIMサービスを使っていて、速度で不満がある人やもっと通話料金を安くしたい人におすすめです。

料金プラン

項目 スマホプランS スマホプランM スマホプランL
データ容量 2GB 6GB 14GB
月額料金 1,980円2,980円) 2,980円(3,980円) 4,980円(5,980円)

ワイモバイルでは音声通話SIMのみでデータ専用SIMは取扱いがありません。
また、契約期間は長めの2年契約となっています。2年未満の解約は9,500円の違約金が発生します。

 

すべてのプランで国内通話10分かけ放題がついています。料金が2つありますが、最初の1年はワンキュッパ割が適用されて1,000円安くなっています。

 

容量を使い果たして制限が発動した時は、500MBごとに500円で通常速度に戻せます。

SIMカードを最大3枚追加してデータ容量をシェアすることが可能

シェアプラン

ワイモバイルではシェアプランといって、親回線のデータ容量を共有できるSIMカード(子回線)を追加で発行できます。スマホやタブレットを複数お持ちの人や家族で使う人におすすめです。

 

親回線加入と同時申し込みであれば手数料はかかりませんが、あとからSIMカードを追加すると1枚につき3,000円の手数料がかかります。※現在キャンペーン中であとからSIMカードを追加しても3,000円の手数料がかからなくなっています。

 

シェアプランで追加可能なSIMカードはデータ専用SIMのみです。音声通話はできません。どうしても通話をしたい場合はデータ回線を利用したIP電話アプリを利用することになります。

追加SIMカード月額料金

SIMタイプ スマホプランS スマホプランM スマホプランL
追加料金 980円 490円 0円

主回線が契約しているプランによって追加するSIMカードの月額料金が変わります。

 

スマホプランSでは980円とかなり高めの金額になってしまいます。スマホプランS自体データ容量が2GBしかないので、わざわざ980円を払ってシェアプランを利用するより他社のデータ専用SIMを契約した方がいいです。

 

シェアプランはスマホプランM以上での利用をおすすめします。

ワイモバイルでセット購入可能なスマホ機種

機種 分割 一括
iPhone5s(32GB) 月1,782円 42,876円
Android One S1 - 32,400円
507SH 月2,160円 51,948円
DIGNO E - 32,400円
Nexus 5X 月1,620円 38,988円
LUMIERE 月1,620円 38,988円
P9 lite - 7,980円

通信キャリアだけあって国産スマホからiPhone5sまで取り揃えています。

 

ワイモバイルの格安スマホ最大の目玉はズバリiPhone5sです。

 

AppleのiPhoneが新品で購入できる数少ない格安サービスであるうえに、次に解説する割引を使えば頭金100円だけでiPhone5sが手に入ります。

ワイモバイルのスマホセット(格安スマホ)の割引の仕組み

ワイモバイルをスマホセットで申し込むと「月額割引」が適用されて安くなります。キャリアでいう月々割や毎月割と同じものです。

 

機種と選択するプランによって月額割引の金額は上下します。

 

たとえば、iPhone5sをスマホプランSと一緒に申し込むと月額割引は1,782円です。iPhone5sを分割払いで購入すると、機種代金の分割額はひと月1,782円なので、月額割引の1,782円と相殺されて(厳密には月額割引は機種代金ではなく通信料金を割引)、負担額が0円で持てます。

 

一括払いで購入しても月額割引は適用されるので、iPhone5sを42,876円で購入して、スマホプランSの月額2,138円(税込)から1,782円が割引されて、なんと月356円で使えちゃいます。

ワイモバイルの格安スマホのデメリット

スマホセット購入のデメリットというか注意点は途中解約のみです。分割払いで購入し途中で解約すると、月額割引の効果がなくなって、機種代金の残りをまとめて払わないといけません。

 

機種によってiPhone5sのように負担0円で持ててしまうので、機種代金を払っている感覚がなくなってしまいますが、分割払いの時の2年未満の解約だけは注意です。

MNPでワイモバイル加入時の注意点

グループ会社であるソフトバンクやディズニーモバイルからのMNPは要注意です。

 

2年間毎月1,000円割引になるスマホプラン割引が適用されないので、トータルで新規・ドコモやauからのMNPと比べて通信費が24,000円も高くなってしまいます。

オプションでさらにお得に便利に

スーパーだれとでも定額

月1,000円で10分かけ放題が無制限で話し放題になります。10分ごとの切断が面倒な人やヘビーユーザーにおすすめです。

エンタメパック

月500円でGYAO!の有料会員プランとYahoo!ブックストアの読み放題が利用できます。

ソフトバンクWi-Fiスポット

無料でWiFiスポットが使えます。外出先での通信量節約に活躍します。

ワイドサポート

月500円でスマホに限らずパソコン関係までサポートしてくれます。
正直スマホだけならショップに行った方が早いです。

故障安心パックプラス

月690円で水濡れや盗難時の保証やデータ復旧まで受けられます。
注意点としては加入できるのは契約時のみとなっています。

Enjoyパック

月500円で500円分のパケット容量とお得なクーポンが使えます。
この500円分のパケットはプランごとの上限を超えた時に利用可能です。

ワイモバイルはショップがあるからアフターサポートも充実

格安スマホは確かに安いけど、サポートが心配という人は多いと思います。オプションでサポートを提供している会社もありますが、電話などの遠隔サポートやショップはあっても数か所で地方在住の人には厳しい状況です。

 

ワイモバイルは全国に1,000店舗以上ショップを展開しているので、買った後になにかあった時も安心です。初期不良や故障時の代替機もすぐに手に入れられるのが嬉しいですね。

ワイモバイルの実施中のお得なキャンペーン

現在SIMのみ契約の方を対象にスマホプランM・Lなら20,000円、スマホプランSでも10,000円のキャッシュバックキャンペーン中です。(スマホセットは残念ながら対象外です)

 

SIMのみの人はキャッシュバックを、セット購入の人はiPhone5sやSEが安く持てる大チャンスです。