格安スマホ UQモバイル

UQモバイルの料金プランや格安吸スマホラインナップやキャンペーンを解説

auの子会社(UQコミュニケーションズ)が運営しているだけあって、格安スマホのラインナップにiPhoneSEがあったり実測が速かったりと他社と一味違います。

 

もちろん使用ネットワークはauです。プランが通常の○GBでいくらというものから無料通話や通話定額が付いたプランまであるのが特徴です。

 

格安スマホで購入すると2年契約にはなりますが、通信料金割引があるので結果的に他社よりお得になります。

UQモバイルの料金プラン

容量 データ通信専用 音声通話対応
3GB 980円 1,680円
無制限(500kbps) 1,980円 2,680円

他社で一般的な料金タイプでは2種類しかありません。高速で3GBまで使えるプランと速度を抑えた低速無制限プランのみです。

 

通話SIMは1年契約で1年未満の解約は9,500円の違約金が発生します。

 

正直この料金タイプで選ぶなら同じauネットワークのmineo(マイネオ)の方が容量の選択肢も多くておすすめです。

 

UQモバイルで加入するなら次のプランがおすすめです。

おしゃべりプランとぴったりプラン

料金プランに通話定額(おしゃべりプラン)と無料通話(ぴったりプラン)が最初から組み込まれているものがあります。

 

また、契約期間がどちらも2年になります。2年未満の解約は9,500円の解約料金がかかります。

 

契約期間が長くなる代わりに毎月の通信料金から所定の金額が割引になるマンスリー割が適用されます。

 

スマホとセットで購入予定なら間違いなくこちらのプランで加入するのがおすすめです。

おしゃべりプランとぴったりプランの料金表
プラン 月額 データ容量
プランS 1980円(2,980円) 2GB
プランM 2,980円(3,980円) 6GB
プランL 4,980円(5,980円) 14GB

プランが3種類あって、プランが上がるとデータ容量が増えて月額料金が上がります。

 

現在キャンペーン中で最初の1年間は毎月1,000円安い金額で使えます。後半の1年はカッコ内の1,000円上がった月額になります。ちなみに加入者が18歳以下なら学割が適用されて、2年間1,000円下がったままで使えます。

 

おしゃべりプランはプランS,M,Lどのプランでも5分以内であれば何回でも通話料金が無料になります。5分を超えた通話は30秒20円になります。

 

ぴったりプランはプランが上がると無料通話の時間が長くなります。Sなら60分、Mなら120分、Lなら180分です。

 

普段の通話の使い方によってどちらがおすすめか変わってきますが、おしゃべりプランからぴったりプランへの変更(もちろん逆パターンも)は後から無料で何回でも可能です。

UQモバイルの格安スマホ(スマホセット)購入の仕組み

UQモバイルでは格安スマホを購入する際にデータ専用SIM(3GBや低速無制限プラン)で加入する場合は端末購入アシスト(分割払い)とマンスリー割が適用されません

 

お得に購入するにはおしゃべりプランかぴったりプランで加入するのが必須と言えます。

 

プラン料金+端末購入アシスト-マンスリー割の図式になるので、機種によっては端末購入アシストとマンスリー割が同額になるので月々の負担が0円でスマホが持てます。

 

マンスリー割はスマホを一括払いで購入しても適用されます。

UQモバイルのスマホセットラインナップ

機種 分割 マンスリー割 一括
iPhoneSE(32GB) 2,100円 1,100円 50,500円
iPhoneSE(128GB) 2,500円 1,000円 60,100円
P9 lite PREMIUM 1,200円 1,200円 28,900円
DIGNO W 1,450円 950円 34,900円
ZenFone3 1,400円 400円 34,800円
nova 500円(頭金15,980円) なし 27,980円
V770 1,100円 1,100円 26,950円
SHINE LITE なし なし 11,800円
ZenFone3Laser 500円(頭金7,800円) なし 19,800円
IDOL4 800円(頭金7,600円) なし 26,800円
ZenFone3Deluxe 1,900円(頭金5,200円) 400円 50,800円
LG X screen 1,450円 1,450円 34,900円
arrows M3 1,200円(頭金5,000円) 500円 33,800円
DIGNO Phone 1,150円 1,150円 27,700円

一部本体価格が安い機種では分割払いでも頭金でまとまった額が必要です。

 

注目すべきはiPhoneSEとP9 lite PREMIUMです。

 

iPhoneはUQモバイルとワイモバイルでしか取り扱いがありません。32GBモデルなら月々1,000円の負担で持てます。

 

次にP9 lite PREMIUMは端末購入アシスト額とマンスリー割が同額なので、月々の負担額が実質0円で持てます。スペック的にもバランスのとれたミドルスペックでAndroidスマホなら1番おすすめです。

UQモバイルのオプション

端末補償サービス

スマホセットで加入するときに入れるAndroidスマホ向けの保険オプションです。iPhoneでは加入することはできません。月380円です。

つながる端末保証

UQモバイルとセット購入したスマホではなく、すでにお持ちのスマホ対象の保険サービスです。月500円です。

 

SIMのみ契約でスマホに万が一の時の保証を付けたい人におすすめです。

UQ安心サポート

スマホのみならずパソコンも対象になる困った時の遠隔サポートです。月350円ですが、加入から3ヶ月無料のキャンペーン中なので、スマホやパソコンの操作に自信が無い人は最初だけ加入するのもアリです。

電話基本パック

留守番電話・三者通話・迷惑電話撃退サービスが一体になったオプションです。月380円です。

UQモバイルは無料で使えるオプションで有用なものが多い

他社で有料になっている割込通話や着信転送が無料で利用できます。2つ合わせると通常500円ぐらいはかかるので節約できます。

 

また、外出時のデータ容量消費の節約に役立つのが公衆無線LANサービスです。通常は300円ぐらいしますが、UQモバイルではWi2 300が無料で使えます。