格安スマホ U-mobile(ユーモバイル)

U-mobile(ユーモバイル)は数少ないデータ通信容量無制限対応会社

動画配信や音楽配信で有名なU-NEXTが運営するU-mobileはデータ通信容量が無制限で使えるプランやダブル定額プランが存在する数少ない会社です。

料金プラン

SIMタイプ 1GB 3GB ダブルフィックス 5GB LTE使い放題 LTE使い放題2
データ通信専用 790円 - 680円or900円 1,480円 2,480円 -
音声通話対応 - 1,580円 1,480円or1,780円 1,980円 2,980円 2,730円

ダブルフィックスがお得かどうかは使い方次第

ダブルフィックスは要はデータ通信量に応じたダブル定額です。月1GB以下は下限の料金になって、1GBを超えると上限の料金になります。ダブルフィックス自体は3GBを超えると低速モードになります。

 

データ通信専用SIMで月の使用量が3GBに収まるようなら、ダブルフィックスが一番お得です。音声通話対応SIMは月の使用量が1GBを超えるようなら、3GBや5GBプランを選んだ方がお得です。

音声通話対応SIMのLTE使い放題は2種類あり

LTEが高速モードで無制限に使えるプランが2種類ありますが、違いは契約期間の長さです。2,980円の使い放題は契約期間が6ヶ月ですが、2,730円の方は契約期間が12ヶ月と長くなります。※データ通信SIMのLTE使い放題は契約期間の縛りはありません。

 

音声通話対応SIMのLTE使い放題で6ヶ月以内の解約は一律で6,000円の違約金が発生します。LTE使い放題2は6ヶ月以内は9,500円、7ヶ月~12ヶ月以内は3,500円となっています。また、LTE使い放題2からのプラン変更は手数料として3,500円かかります。

U-mobileでセット購入可能なスマホ機種

購入方法 priori2 ZenFone5 AscendG6 AscendMate7
分割 月400円 月1,100円 月1,242円 月2,075円

月400円から持てるpriori2がありますが、LTE非対応機種なので3Gしか使えません。軽くネットでニュースを見たり調べ物をするぐらいのスペックとなっています。

 

コスパで選べばZenFone5、スペックで選ぶならAscendMate7がおすすめです。

U-mobileではAscend Mate7が選べる

格安スマホではロースペックやミドルスペックが中心になります。そんな中最近登場したSIMフリー機Ascend Mate7はキャリアスマホに負けないハイスペック機になっています。

 

オクタコア(8コア)でRAMも2GBとトップクラスの性能と言えます。月2,075円の分割金は格安スマホの中では高額と言えますが、最安プランで2,865円、通話も出来てデータ通信容量が無制限で5,055円は格安と言えます。

オプション

スマホでUSEN

月490円で700チャンネル以上の音楽が聞き放題のサービスです。

セキュリティサービス

月350円でスマホのみならずパソコン含めて3台までセキュリティソフトをインストール出来ます。

端末保証お見舞金サービス

月500円でパソコンやタブレットやスマホが故障した時に最大50,000円まで見舞金が受け取れるオプションです。適用回数は2回までとなっています。