格安スマホと格安SIMどっちがいい?

条件が変わってくるので注意!

格安スマホはパッケージ化されているので、申し込むだけですぐに割安でスマホライフがスタートできます。反面、自分の好きな機種が選べなったり、機種変更で使わなくなったスマホを安く運用したい場合は格安SIMの方がおすすめだったりします。

 

ここでは格安スマホと格安SIMのメリット・デメリットをまとめました。

格安スマホのメリット

月額料金にスマホ代が込みになっているので、現在スマホを持っていない人でも初期負担が少なく始められます。また、会社によってはスマホとセットで購入することで、機種代金の割引やキャッシュバックの特典があることも。

格安スマホのデメリット

契約期間は格安SIMと変わりませんが、スマホを分割払いで購入した場合は解約のタイミングによって機種代金の残りをまとめて支払う必要があります。

格安SIMのメリット

SIMのみの契約なので、契約期間の縛りが無いものから長くても1年までと気軽に使えます。

格安SIMのデメリット

SIMだけなのでスマホやタブレットを所有していればそのまま使えますが、持っていない人は新たに白ロムを中古ショップやオークションで購入して用意する必要があります。その場合機種代金として最初に数万円必要です。