格安スマホ 申し込み 必要なもの

格安スマホ申し込み時に必要なものをチェック

格安スマホが欲しい、申し込むことは決まった、でも何を用意すればいいか分からない人のために必要なものをまとめました。

最低限必ず用意しておくもの

  • クレジットカード
  • 本人確認書類

クレジットカードがなくても楽天モバイルやBIGLOBEは申し込み可能ですが、その他の格安SIMサービスはクレジットカードがないと契約できません。選択肢を減らさないためにもクレジットカードは必要です。

 

申し込みにはキャリアで契約するのと同様に本人確認書類が必要です。申し込み時に本人確認書類をカメラで撮って添付するので、事前に撮ってデータを用意しておきましょう。

代表的な本人確認書類と認められるもの

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード(写真つき)
  • 特別永住者証明書
  • 身体障害者手帳
  • 保険証

本人確認書類は格安SIMサービスによってそれ1枚だけで十分な場合と補助書類が必要な場合があります。運転免許証ならどの会社でも1枚で大丈夫です。

 

運転免許証をお持ちでない方は申し込むサービスが決まったら、公式サイト上のよくある質問などで必要な本人確認書類のチェックをおすすめします。

 

また、運転免許証をお持ちでも引っ越したばかりで住所変更をしていないという人は、引っ越し先の住所の記載がある公共料金領収書が補助書類として必要です。

 

ちなみに、引っ越し前の住所が運転免許証に記載されていて、申し込み時に引っ越し先の住所を書いても受付できません。

補助書類として認められるもの
  • 発行日から3ヶ月以内の公共料金領収書
  • 発行日から3ヶ月以内の住民票

公共料金領収書は住所と名前の記載がないと補助書類として認められないので注意です。

 

意外と電気料金は名前のみの記載で、住所が記載されてないことが多いです。

クレジットカードをお持ちでない方はクレジットカードを作るのをおすすめ

口座振替が選択できる格安SIMサービスでも、SIMのみしか契約できなかったり、スマホを分割払いで購入できない、手数料がプラスでかかるといったデメリットがあります。

 

お得になるための格安スマホなので、メリットを最大限活かすためにもクレジットカードは必須といえます。

 

クレジットカードの中には使い方によってポイントやマイルが通常のカードよりも貯まりやすいといったものもありますが、年会費がかかったり、そもそもカードの利用シーンとライフスタイルが合わないといったデメリットがあります。

 

そこで、今までクレジットカードを使ったことない、どんなクレカがあるか分からないという人は、まずは年会費無料のカードがおすすめです。

 

年会費無料なら使う側にとってデメリットはありません。

年会費無料のクレジットカードでおすすめは?


楽天カードマンのCMでお馴染みの楽天カードを選べば間違いないです。

 

年会費有料のクレジットカードのポイント還元率が0.5%が一般的な中、楽天カードは1%もあります。さらに、楽天系列のサービスでの使用にはポイントが優遇されます。たとえば、楽天市場なら常時2%還元です。

 

格安スマホの通信料の1%が毎月返ってくると考えれば、お得です。楽天ポイントは1ポイント1円として楽天市場のお買い物に使えます。

 

さらに、もし楽天モバイルを契約するなら、なおさら楽天カードがおすすめです。契約期間中楽天市場でのショッピングのポイント還元率が3%になります。

 

また、楽天モバイルは格安スマホを分割払いで購入すると、他社クレジットカードでは所定の金利が発生しますが、楽天カードなら金利0となっています。

 

楽天モバイルを検討中の人をはじめ、クレジットカードをお持ちでない人はまずは楽天カードへ申し込みましょう。

 

今なら新規入会+利用で7,000円分の楽天ポイントプレゼントキャンペーン中です。

 

楽天カード公式サイトへ