格安スマホ mineo

mineoの料金プランやオプションからキャンペーンまで徹底解説

mineo

関西なら知らない人はいないeo光の運営元が提供するmineo(マイネオ)。

 

元々はau回線利用の格安SIMのみだけでしたが、今はドコモ回線利用の格安SIMも登場してauユーザー、ドコモユーザーも持っているスマホを気軽に使えるようになりました。

 

料金は最安クラスでサポートもしっかりと格安SIMの中でも人気が高いです。

 

また、mineoはマイネ王やフリータンクといった独自のコミュニティや支え合いの仕組みも面白いです。

mineoの料金プラン

容量 データ通信専用 音声通話対応
500MB 700円 1,310円(1,400円)
1GB 800円 1,410円(1,500円)
3GB 900円 1,510円(1,600円)
5GB 1,580円 2,190円(2,280円)
10GB 2,520円 3,130円(3,220円)

データ通信専用SIMはどちらも同じ金額ですが、音声通話対応SIMはドコモプランの方が90円高くなっています。また、ドコモのデータ通信専用SIMでSMSを使う場合はプラス120円かかります。

 

SMSは受信は無料ですが、送信は国内で1通3円海外で100円と有料になります。

 

mineoの特徴の一つとして最低利用期間がないことです。通話SIMでもいつ解約(MNP除く)しても違約金は発生しません。契約して1年未満のMNPによる解約だけは9,500円の違約金が発生します。

 

使い切れなかったデータ容量は翌月末まで繰り越せます。データ容量の確認は専用アプリのmineoスイッチで簡単にできるのでおすすめです。

 

データ容量のチャージは100MBにつき150円です。

通話料金を安くするにはオプションで

基本の通話料金は30秒20円です。通話料金を安くするためにはIP電話アプリのLaLa Callや通話定額の利用がおすすめです。

 

まず、LaLa Callは月100円のオプション料金で携帯電話への通話が30秒8円、固定電話へは3分8円まで安くなります。また、毎月100円分の無料通話がつきます。

 

しかし、データ回線を利用したIP電話なので、音声回線を利用した通常の通話と比べると音質は劣ります。ちなみに、データ回線を利用してもmineoのデータ容量は消費しません。

 

通話品質も求める方には通話定額30か60がおすすめです。

 

それぞれ、30分の無料通話が月840円、60分が月1,680円で使えます。ただ、元を取るには安定して月21分超・42分超の通話をする必要があります。

 

月によって通話時間にバラつきがある人は損をすることがあるかもしれないです。

mineoに複数回線持つメリットはあるの?

mineoには一人で複数回線を契約する人を対象にした複数回線割と家族でmineoを使っている人を対象にした家族割があります。

 

ちなみに複数回線割と家族割の併用は不可となっています。両方の条件を満たしていた場合は家族割優先です。

複数回線割

複数回線割

最大5回線まで適用される複数回線割は1回線につき毎月50円割引されます。

 

申し込み不要で自動で適用されます。条件を満たした月の翌月から割引が始まります。

家族割

家族割

離れた場所に住んでいる家族でも3親等以内なら適用されて、1回線につき月50円安くなります。※最大5回線まで

3親等

家族割はマイページからのお申し込みが必要です。また、家族と住んでいる場所や名字に相違がある場合は、免許証などの証明書類のアップロードが必要になります。

パケットギフトを駆使すれば実質データ容量の繰り越しが無期限に?

パケットギフト

mineoではマイページで手続きすればデータ容量を他人にプレゼントできる8桁のクーポンコードが発行できます。

 

パケットギフトと呼ばれるこの仕組みは送られたデータ容量は翌月末まで有効なので、知り合い同士で繰り返せば無限に有効期限が延びていきます。

余ったデータ容量は翌月にグループや家族でパケットシェア

他にマイページからの申し込みが必要ですが、最大5回線まで登録可能なグループ内で、余って翌月に繰り越したデータ容量を共有して使えパケットシェアがあります。

 

パケットシェアはmineoユーザーであればどなたでも利用できるので、家族のみならず友達や同僚といった他人でも利用可能です。

 

パケットギフトでもらったデータ容量もパケットシェア対象になります。

スマホにmineoスイッチを入れておくと便利

mineoスイッチアイコン

iOS・Androidどちらも対応しているアプリ、mineoスイッチのインストールをおすすめします。

mineoスイッチ画面

mineoスイッチではデータ容量の残り(当月分と繰り越し分)や今月の使用量の確認やワンタッチでデータ容量を消費しない節約モードに切り替えられます。

 

通信速度をあまり要求されないテキストサイトを閲覧する時などは、節約モードでデータ容量の節約ができるのでおすすめです。

コミュニティサイト、マイネ王を活用しよう

mineoユーザー同士で交流できるマイネ王では先輩ユーザーに質問したり、月末でデータ容量が足りない時に助けてもらえるフリータンクが利用できます。

mineoフリータンク

フリータンクは毎月21日~末日前日までの期間で1,000MB(1GB)を限度に最大2回引き出せます。

 

データ容量が余ったユーザーの寄付によってフリータンクは成り立っているので、フリータンクを利用したら必ずお返しで自分も入れるようにしましょう。

mineoでおすすめのオプション

mineo端末安心保証サービス

スマホセットで契約するなら端末安心保証サービスがおすすめです。

 

月370円で故障時の修理代金を抑えることができます。また、代替機も受け取れます。

 

通常実費負担のところ1回目なら5,000円、2回目は8,000円の負担で済みます。ただし、3回目からはすべて負担となりますので注意してください。

その他オプション

  • 三者通話サービス:月200円
  • 留守番電話:月300円
  • ウイルスバスターモバイル:月270円
  • スマホ操作アシスト:月500円

基本的なオプションからサポートまで揃っています。キャリアスマホと違って強制オプションは一つもないので、自分が必要なオプションだけ選べばOKです。

mineoのスマホセットラインナップ

機種 分割 一括
ZenFone3 1,650円 39,600円
ZenFone3 Laser 1,150円 27,600円
ZenFoneGo 825円 19,800円
arrows M03 1,325円 31,800円
arrows M02 1,000円 24,000円
P9 lite(ドコモプランのみ) 1,000円 24,000円

おすすめのスマホセットはP9 liteです。ドコモプランのみ購入可能ですが、価格とスペックが良い意味で釣り合っていないです。

 

月1,000円プラスするだけでこのスペックのスマホが使えるのは大きな魅力です。

 

他に富士通のarrowsがラインナップにあるので、おサイフケータイや防水機能が欲しい方におすすめです。

mineoで実施中のキャンペーン

mineoキャンペーン

音声通話対応SIMのお申し込みで3ヶ月間月800円割引されます。

 

少しでもお得にmineoを始めるならキャンペーンを利用してのお申し込みがおすすめです。

 

mineo公式サイトへ