格安スマホ 通話料金 安くする

格安スマホの通話料金を安くする2つの方法

MNPをして格安スマホをメイン機として使う人も増えてきました。

 

LINEがいくら普及したからといっても通話を使うことがまだまだ多いのでは?

 

格安スマホでは基本の通話料金が30秒20円なので、こまめに通話をする人や通話時間が長い人は思わぬ高額の通話料金を払うことになってしまうことも……

 

そこで、このページでは通話料金を下げるための方法を特集しました。通話の仕方によってどれがベストなのか変わってくるので、自分に合ったベストなものがみつかれば幸いです。

電話アプリで基本の通話料金を半額に

格安スマホが登場したばかりの頃は電話アプリもデータ回線利用のIP電話だけでしたが、最近は音声回線利用タイプのものが増えてきています。

 

特徴としてはスカイプやLINE通話と違い音質がクリアなままなのと相手側がアプリをインストールしてなくても使えます。

 

また、最初の利用登録さえ済めばあとは電話帳と電話アプリを同期するだけなので、こちら側で面倒な設定はいりません。

 

電話アプリは基本使用料0円なので、通話SIMを契約した人はとりあえずインストールしておいて損はないです。

 

ただ、電話アプリの注意点としては緊急時の110番や119番にはかけることはできません。緊急時は通常の通話をお使いください。

対象サービスを利用していないくても使える電話アプリ

電話アプリは基本的に対象サービスの格安SIMを契約していないといけません。例:OCNでんわならOCNモバイルONEの通話SIMを契約していることが利用条件

 

しかし、中には他社サービスを利用中でも電話アプリが利用可能な太っ腹サービスがあります。

1.DMMトーク

DMMトーク

DMMモバイルのDMMトークは単独で加入できます。DMMトークを経由することで通話料金が30秒10円になります。

 

こちらから「今すぐ利用登録」を押して利用するスマホ(ガラケーも可)の電話番号を入力して個人情報を入力して申し込みます。

 

DMMトーク自体は基本使用料は無料です。通話料金の支払いはクレジットカード払いのみです。

 

スマホ以外にもガラケーで利用する場合は電話番号の頭に「0037-692」を加えれば割引が適用されます。

2.楽天でんわ

楽天でんわ

楽天モバイルの楽天でんわも単独で加入できます。

 

こちらから楽天でんわの利用登録ができます。

 

楽天でんわは通話料金100円につき1ポイント楽天ポイントが貯まるので、支払いを楽天カードにすればより効率的にポイントが貯まってお得です。

 

ガラケーでも電話番号の頭に「0037-68-」を付けることで利用可能です。

 

楽天でんわの支払い方法はクレジットカード以外にも楽天銀行とスルガ銀行のデビットカード払いに対応しています。

 

基本使用料は無料で通話料金は30秒10円です。さらに、相手先も楽天でんわをインストールしていれば通話料金は24時間無料になります。

 

DMMトークと比べてポイントが貯まることや通話料金が無料になるケースもあることや支払い方法も多いので、楽天でんわの方がおすすめです。

オプション加入で通話料金を安くする

通話割引のオプションで料金を安くするタイプは2種類あります。

 

1つ目はキャリアでもおなじみのかけ放題オプションです。既定の時間(3分or5分or10分)内に通話が終われば通話料金が一切かからないといったものです。

 

月1,000円弱で加入できて、通話はその格安SIMサービスの電話アプリ経由で行います。

 

かけ放題は通話回数が多い人におすすめです。

かけ放題オプション比較表
サービス かけ放題時間 料金
OCNでんわ 10分 850円
mineoでんわ 5分 850円
DMMモバイル 5分 850円
楽天でんわ 5分 850円
みおふぉんダイアル 3分/5分 600円/830円
BIGLOBEでんわ 3分 650円

OCNモバイルONEが今までの5分から倍の10分に拡大したため、かけ放題サービスの中では1番充実した内容になっています。

 

反対に通話時間はそこまで長くなくても構わないから料金を下げてほしい人にはIIJmioのみおふぉんダイアルやBIGLOBEがおすすめです。

 

2つ目は無料通話タイプのオプションです。毎月固定の無料通話がついてきます。

 

ただし、無料通話は損得ラインがあって、ある程度まとまった時間を通話をする人でないと逆に損する場合もあります。

無料通話オプション比較表
サービス 無料通話時間 料金
mineo通話定額 30分/60分 840円/1,680円
BIGLOBEでんわ 60分 650円

かけ放題と比べて無料通話のオプションがある会社は少ないです。

 

そんな中、BIGLOBEは無料通話が60分ついて月650円と優秀な内容です。無料通話を使い切った後も30秒10円なのも高評価です。

 

かけ放題の方が使い勝手は良いですが、5分を超える通話を月に何回かする人は無料通話オプションがおすすめです。

 

BIGLOBEの料金プランやオプションについてはこちら

番外編:料金プランに通話割引が組み込まれている格安スマホ

ここまではオプションやアプリを利用することで通話料金を安くするものをご紹介してきました。

 

ここからは最初から料金プランに通話割引がセットになったものをご紹介します。

 

料金プラン組み込みタイプの注意点は通話を使わなくなっても外せないこと、契約期間がすべて2年になるというデメリットがあります。

 

ただ、契約期間が長くなる代わりに格安スマホセットで購入した場合に毎月の通信料金が割引されるメリットがあります。

ワイモバイルとUQモバイル

ソフトバンクの子会社であるワイモバイルとauの子会社であるUQモバイル。この2社はバッチバチのライバル企業です。

 

料金プランや内容もほぼ同じで、大きな違いはソフトバンク回線かau回線かぐらいです。

 

両社ともかけ放題がセットになったプランがあります。

 

データ容量と月額は同じですが、ワイモバイルの方が規定時間が10分とUQモバイルの5分の倍あるので、かけ放題タイプなら間違いなくワイモバイルの方がおすすめです。

 

次にUQモバイルだけ無料通話タイプのプランがあります。ぴったりプランといってプランごとにデータ容量と無料通話時間が変わってきます。

ぴったりプラン内容
プラン データ容量 無料通話時間 料金
ぴったりプランS 2GB 60分 1,980円(2,980円)
ぴったりプランM 6GB 120分 2,980円(3,980円)
ぴったりプランL 14GB 180分 4,980円(5,980円)

無料通話時間を増やすにはデータ容量が多いプランにしないといけないため、ネットはそんなに使わないけど無料通話時間を長くしてほしい人には少々使い勝手が悪いです。

 

ただ、格安スマホセットで購入予定で無料通話タイプでお考えの人には現状UQモバイルしか該当プランがありません。

楽天モバイルのコミコミプランはあまりおすすめしない

ワイモバイルとUQモバイルと比べるとあまりおすすめできないのが楽天モバイルのコミコミプランです。

 

コミコミプランがなぜあまりおすすめできないかと言うと、データ容量が少ないこととプランによって選べるスマホが決まっているからです。

 

1番大きいデータ容量でも4GBしかないので、メイン機として使うには心もとないです。

 

また、人気の機種がラインナップにないので、品揃えでも見劣りします。5分かけ放題なので、ワイモバイルの10分かけ放題をおすすめします。

まとめ:基本はアプリやオプションで安くして、スマホセット購入を検討している人は料金プラン組み込みタイプもおすすめ

料金プラン組み込みタイプはスマホセットで購入する人にとっては割引があるのでメリットがありますが、契約期間が長かったり途中解約時に分割払いなら機種代金を一括で払わないといけないといったデメリットがあります。

 

2年間使う人には問題ありませんが、縛りが緩い方が良い人や月によって通話時間にバラつきがある人はオプションやアプリの方がおすすめです。