格安スマホ 比較

格安スマホの比較でもっとお得に!

スマホの料金で毎月5,000円以上支払っている人は多いのでは?
携帯料金は毎月かかる固定費なので、少しでも安いと嬉しいですよね。

 

格安スマホとは?
格安スマホは格安SIMとスマホが一体になったものです。

 

ドコモやauなどの回線事業者(キャリア)のネットワークを借りて、会社ごとに独自のプランを決めて利用者がお得に使える格安SIMと、付加機能がついていない代わりにコストが下がってコスパの良いスマホがセットでお得に使えます。


格安スマホのメリット・デメリット

格安スマホを選ぶうえで把握しておきたいのはメリット・デメリットです。
いくら月々の通信費が安くなると言っても、使い方によっては格安スマホではカバー出来ないことや料金が逆に高くなってしまうことがあるからです。

格安スマホ最大のメリットは安い!

まず格安スマホ最大のメリットは料金の安さです。キャリアで契約するとスマホの機種代金込みで7,000円を超えてしまうことは普通ですが、格安スマホであれば月2,000円台前半で使えちゃいます。

契約期間の縛りもユルい

スマホを分割払いで無く一括払いで購入すれば、契約期間は最長でも1年とキャリア契約と比べて縛りが緩くなっています。※分割払いでも契約自体は1年までとなりますが、1年きっかりで解約してしまうと機種代金の残りを一括で支払わないといけません。

格安スマホのデメリット

現在使い方によってキャリアスマホの方がお得になるケースとしては通話料金があります。
格安スマホとは通話し放題のオプションもありませんし、通話割引のオプションも10円/30秒が限界です。スマホでネットよりも通話がメインという人にはキャリアスマホの方が料金が安くなることも。

 

また、格安スマホはキャリアメールが使えなかったり、おサイフケータイの機能がついていません。電子マネーをコンビニなどで使う人やモバイルsuicaを使う人はアプリではなく、カードで用意する必要があります。

まとめると、こんな人に格安スマホがおすすめ

  • とにかく今のスマホの料金が高過ぎと思っている人
  • そんなにネットを使わないのにパケ代高過ぎと思っている人
  • 必要十分でその分安くしてお得になりたい人
  • もっと契約期間の縛りを緩くして自由に使いたい人

格安スマホの疑問を解決!

電話番号はどうなる?

新たに080から始まる番号が発行されますが、今使っている電話番号そのままでMNPすることも可能です。MNPも通常の方法と変わらず、まず現在使用しているキャリアの予約番号を取得するところからです。

メールアドレスはどうなる?

@docomo.ne.jpに代表されるキャリア固有のアドレスは残念ながら使用できなくなります。Gmailなどのフリーメールで代用する必要があります。

契約期間はどれくらい?

データ通信専用SIMは特に縛りはありませんが、音声通話に対応しているSIMは半年から1年契約になります。格安スマホの本体代金を一括ではなく、分割払いで支払う場合は24ヶ月払いになるので、音声通話SIMを1年きっかりで解約しても格安スマホの本体代金の残りをまとめて支払う必要があります。

更新履歴