格安スマホ 比較

格安スマホの比較でもっとお得に!

スマホの料金で毎月5,000円以上支払っている人は多いのでは?
携帯料金は毎月かかる固定費なので、少しでも安いと嬉しいですよね。

 

3大キャリアから通信費を安くするために格安スマホに乗り換える人が増えています。

 

当サイトでは格安スマホの事前に知っておきたい基礎知識から格安スマホサービスの比較情報を掲載しています。

 

本当にキャリアから乗り換えて大丈夫なのか、どれだけ料金が安くなるか気になる人の助けになれば幸いです。

格安スマホとは?

格安スマホとは

もともとは海外製の安いSIMフリースマホを指していましたが、格安SIMでスマホを使うことに変わってきました。当サイトでも格安SIM+スマホという意味合いで使用しています。

 

格安SIMはドコモやauなどの回線事業者(キャリア)のネットワークを借りて、会社ごとに独自のプランやオプションを決めて、現在お使いのスマホやSIMロックのかかっていないスマホを組み合わせることで、月々の通信料金を節約できます。

 

格安SIMの事業者は200社を超えて、エリアはネットワークが同じなら変わりませんが、料金や実効速度に差が出てきています。

 

失敗しないためにもしっかりとした比較が必須といえます。

キャリアスマホを格安スマホに変えるとどれだけ安くなる?

比較の前にキャリアスマホの料金プランをおさらいします。

キャリア料金表【24時間かけ放題プラン】

項目 ドコモ au ソフトバンク
基本料金 2,700円(1,700円) 2,700円(1,700円) 2,700円(1,700円)
ISP(プロバイダ料金) 300円 300円 300円
パケット容量 3,500円~8,000円 3,500円~8,000円 2,900円~8,000円
合計 6,500円~11,000円 6,500円~11,000円 5,900円~11,000円

各社談合しているのか?というぐらい同じ料金です。(笑)

 

基本使用料は通話し放題の範囲によって変わります。2,700円のプランは国内通話が24時間し放題です。1,700円の安い方は5分以内の国内通話がし放題となっています。

 

次にひと月に使うパケット使用量に合わせてパケット容量を選びます。1GB~30GBまで幅広くあります。

 

上記の表は最低の料金になります。これにオプション代やスマホの分割払い金が乗ります。

格安スマホのメリット・デメリット

格安スマホを契約する前に知っておきたいメリット・デメリットです。

 

いくら月々の通信費が安くなると言っても、使い方によっては格安スマホではカバー出来ないことや料金が逆に高くなってしまうことがあるので、事前に把握しておくことは大事です。

格安スマホのメリット

料金がほぼ確実に今より安くなる

格安スマホ最大のメリットは料金の安さです。

 

キャリアで契約するとスマホの機種代金込みで7,000円を超えてしまうことは普通ですが、格安スマホであれば月2,000円台前半で使えちゃいます。

 

また、キャリアではかけ放題がデフォルトになっていますが、格安スマホではオプションで必要な方が加入すればいいので、その分安くなっています。

契約期間の縛りもユルい

スマホを分割払いでなく一括払いで購入すれば、契約期間は最長でも1年(ワイモバイルのみ2年)とキャリア契約と比べて縛りが緩くなっています。※分割払いでも契約自体は1年までとなりますが、1年きっかりで解約してしまうと機種代金の残りを一括で支払わないといけません。

格安スマホのデメリット

アフターサポートはキャリアと比べるとやはり劣る

ワイモバイル以外はショップがあっても数店舗で、しかも都市部にしかありません。

 

地方にお住いの方は故障や修理の時などサポートが必要な時もカスタマーセンターに電話してからやりとりとなるので、ショップで比べて時間がかかります。

 

サポートを重視するならキャリアのままか1,000店舗以上のショップがあるワイモバイル(厳密に言うとワイモバイルもキャリア)がおすすめです。

現在使っているスマホをそのまま使う時は要注意

ドコモで購入したものはドコモ、auで購入したものはauのネットワークを使用している格安SIMであれば問題なく使えます。

 

しかし、ドコモで購入したものをau系格安SIM(mineoやUQmobileなど)で使うとなると話は変わってきます。

 

まず、SIMカードを認識できるようにSIMロック解除の手続きが必要になります。ショップでできますが、手数料が2,000円~3,000円かかります。

 

さらに、SIMロック解除をしてSIMカードを認識できるようにした後にもスマホが対応している周波数帯と格安SIMが使用する周波数帯が一致している必要があります。

 

ここが一致していないと電波をスマホが掴めなくて通信を行うことができません。さらに、一致していても相性の問題で使えないケースもあります。

まとめると、こんな人に格安スマホがおすすめ

  • とにかく今のスマホの料金が高過ぎと思っている人
  • そんなにネットを使わないのにパケ代高過ぎと思っている人
  • 必要十分でその分安くしてお得になりたい人
  • もっと契約期間の縛りを緩くして自由に使いたい人

格安スマホの疑問を解決!

電話番号はどうなる?

新たに080or090から始まる番号が発行されますが、今使っている電話番号そのままでMNPすることも可能です。MNPも通常の方法と変わらず、まず現在使用しているキャリアの予約番号を取得するところからです。

メールアドレスはどうなる?

@docomo.ne.jpに代表されるキャリア固有のアドレスは残念ながら使用できなくなります。GmailなどのフリーメールやLINEで代用する必要があります。

契約期間はどれくらい?

データ通信専用SIMは特に縛りはありませんが、音声通話に対応しているSIMは半年から1年契約になります。格安スマホの本体代金を一括ではなく、分割払いで支払う場合は24ヶ月払いになるので、音声通話SIMを1年きっかりで解約しても格安スマホの本体代金の残りをまとめて支払う必要があります。

当サイトおすすめ!格安スマホランキング

nova lite

nova lite

コスパの良さからSIMフリー機で唯一スマホ売上ランキングトップ10に入ったファーウェイのP9 liteの後継機が登場しました。

 

nova liteはP9 liteよりCPUのスペックが若干アップして、メモリは2GBから3GBに増えたのに実売価格は5,000円下がるという意味の分からないパワーアップぶりです。

 

オクタ(8)コアCPUでRAMは3GB。液晶はフルHDでカメラは1,200万画素のスペックで価格は20,000円を切ります。正直3万円台中盤でおかしくないスペックです。

nova liteとセットでおすすめの格安SIMはどこ?

1番おすすめなのはBIGLOBEとのセットです。

 

BIGLOBE SIMとセットで購入することで分割払いのみになりますが、月870円を月額に足すだけで持てます。

 

BIGLOBEは現在6GB以上の通話SIMを申し込むとキャッシュバックや月額割引などで最大20,200円分の特典があります

 

格安スマホをはじめて買う、どれを選んでいいか分からない人はnova liteをBIGLOBEセットで購入するのがおすすめです!

iPhone5s

iPhone5s

Appleの世界一有名なスマートフォン、iPhone。

 

iPhone=高いというイメージがある人も多いと思いますが、iPhone5sとの限定セットを販売している格安SIMサービスとセットで購入すれば、iPhoneも月3,000円を切る価格で使えちゃいます。

 

iPhoneとセットで申し込みできるのはワイモバイルとUQmobileの2社だけです。

 

どちらも2年契約にはなってしまいますが、通話し放題がついてるので、キャリアスマホからのMNPを検討中の方に人気です。

 

iPhone5sセットの比較はこちらで詳しく解説していますが、結論を言うとワイモバイルでセット購入がおすすめです。

 

ワイモバイルなら他社にない10分かけ放題と一番安いプランでも1万円キャッシュバックなど特典も充実しています。